スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インシテミル

9784167773700.jpg
米澤穂信さんの本です。
タイトルはカタカナだとよくわかりませんが、要はあれですね、あれ。
作者がやりたい事を好き放題やってみたと。
なので、好き嫌いは分かれそうな予感がします。
私としては、面白いけどハズレかな。
趣味に合いません。

スポンサーサイト

俺のコンビニ

スパイシーと一緒に買って、こちらさっくりと読みました。
とりあえず、オーナー兼店長+高校生のアルバイト4人のみで、いくら営業時間が24時間じゃないといっても回るわけが・・・
それは、経験者の作者さんの方が分かってそうですけど。

978-4-04-868800-0.jpg

めげないくんとスパイシー女上司

太陽のあくびの有間カオルさんの作品です。
今回もTV通販ネタになります。
一言だけ言わせてもらえれば、ハッピーエンド許すまじっ!

978-4-04-868704-1.jpg

阪急電車

作者は図書館戦争の有川浩さんです。
阪急電鉄のある路線を舞台とした連作短編になるのかな?
ちょっとやりすぎな気もしますけど、それもありかなと思わされます。

202332b.jpg

遠回りする雛

米澤穂信さんの古典部シリーズの4作目です。
今回は短編で、1年を振り返る感じかな。
最後のホータローの決意?は果たして!

201004000101.jpg

とある飛空士への恋歌 4

とある飛空士への恋歌 4巻です。
ついに、とういか、とうとうというか、互いに隠していたことを知ることになります。
もろネタバレですねこれw
まぁ、推測できることなので問題はないでしょうけどw
そしてなんというか、どうしてこうなった!

syoei4.gif

ひかりの剣

チーム・バチスタの海堂尊さんの作品です。
医大剣道のお話。
バチスタの速水先生と、ジーンの清川さんが対決します。
読んでいて思ったのは、医大の剣道部は部員数が少ないこともあり、そこまでは武道系色が強くないのかなという印象でした。
試合も通常、男子大学生だとチーム戦は7人制ですし、少人数でなおかつ6年制だと、チームの一体感みたいなものが違うのかなぁと思った次第。
そして、必殺技が切り落としです。
六三四の剣の修羅君も、最後これが必殺技でした。
必殺の奥義でもあり、正中線をとってまっすぐ打ち込むという基本中の基本でもあり、簡単なことほど一番難しいということですね。

9784167790011.jpg

シュガーアップル・フェアリーテイル

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と青の公爵
作者は夏川りみさん、角川ビーンズ文庫です。
1冊目をなんとなく買った作品の続編が出ていたので買ってきました。
特別に面白いわけでもないですが普通に好きです。

200909000484.jpg

ジーン・ワルツ

海堂尊さんの作品ですが、いつものシリーズとは別になります。
今回は、周産期医療とか少子化問題あたり?
いつもの調子でサクサク読めます。
たまには、ガツンと来るのも読んでみたい気はしますけどねー。

133311.jpg

黄昏に祈る人

フェンネル大陸真勇伝の最新刊です。
フェンの旅もぐるっと回ってようやく祖国へ帰ってきました、と思ったのの束の間。
偽王伝も文庫になりましたけど、絵はやっぱりミギーさんのが好きです。

182709-2.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。