スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初詣

京都へ初詣に行ってきました。
元旦に京都へ行ったのは初めてです。

まずはやっぱりここでしょの晴明神社、まだ朝の早い時間ということもありそれほど人はいなかったです。
その後、北野天満宮や上賀茂神社に更にお参りに行き、おみくじ引いたりお抹茶飲んだり。
ちなみに、おみくじは大吉でしたw
あとは詩仙堂や曼殊院、正伝寺などを巡ってきました。
このあたりは元旦といっても人は少なくまったりとした雰囲気でいい感じでした。

京都へは機会があればまた行きたいものです。

スポンサーサイト

本格推理委員会

作者は日向まさみちさん、角川文庫です。
なんでも第1回ボイルドエッグス新人賞受賞だそうです。
しかしそれがどういう賞なのかまではしりません^^;
ラノベとはいえタイトルに本格とあるようにそれなりに本格っぽいような気もしました。
深くは考えずに案外面白い?


200607000274.jpg

ヨリックの饗宴

作者は五條瑛さん、文春文庫です。
鉱石シリーズや、革命シリーズが有名な方です。
今回のお話はあまり反国家反権力の匂いが直截的にはしないかも?
あと、最後のほうがちょっと物足りないかもしれません。



9784167721015.jpg

水玉ファブリック

花ゆめコミックスを買ってきました。
林みかせさんの「水玉ファブリック」と
斉藤けんさんの「花の名前」です。

林みかせさんの漫画はわたし的に絵柄も内容もツボにはまるのが多いです。
今回のは短編集ということで懐かしいとこから最近のお話まで4本入りとなってます。
そろそろ、定着して連載とかもして欲しいな~とか思ったり。

9784592188582.gif


花の名前は今回昔話とか蝶子ちゃんと京さんの××シーンとか見どころ満載?
でも、表紙は秋山さんだったり^^;
WITH!!の連載でまた一皮向けたかな~という気が最近するので、これからまだ伸びるかもしれません。
はい。

9784592182177.gif

メビウス・レター

北森鴻さんの本です。
ミステリーなのですけど、私はこういった魔球的なお話よりはずばっと直球で来るお話のほうが好みだったりします。
ただ単に、脳細胞が足りないだけという説もありますけど^^;
面白いのは確かなので読んで損はないかとw

273092-1.gif

碧き湖底にひそむもの

少し遅くなりましたけど、貴族探偵エドワードの新刊です。
このお話は難しいこと考えずにさらっと読めます。
最後の成人の儀のエドワードの格好は見たかったかもw

200609000121.jpg

龍の館の秘密

谷原秋桜子さんの創元推理文庫からの復刊第2弾です。
まずまず?
次からは新作ということになるのですけど、もすこしシリーズとしてのストーリーが欲しいかも知れません。

03646.jpg

ηなのに夢のよう

森博嗣さんGシリーズの新作です。
しかし、このシリーズたいした厚みも無い上に一段組なのですぐに読めちゃってお手軽で良いです。
呑み込んで消化する必要も無くさらっと流せるあたり食物繊維みたいなものなのかも?
きっとカラダがきれいになってるはず。

182514-2.gif

冬狐のかなた

守人シリーズで有名な上橋菜穂子さんの和風ファンタジーです。
なかなか良質。
裏表紙の解説はちょっとアレですけどw

130271.jpg

EDGE2

「EDGE2 -3月の誘拐者-」作者はとみなが貴和さん、講談社文庫です。
ホワイトハートからの移籍大2弾です。
前回に引き続き主人公の練摩さんは活躍してないです。
でも、個人的にこのお話は好きかもしれません。


275617-2.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。