スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初詣

京都へ初詣へ行ってきました。

まずは、定番?の晴明神社でお参りです。

その後、受験生でもないのになぜか北野天満宮でお参りしておみくじなど引いて見たり。
去年は大吉だったのに、今年は中吉でしたね~。
もしや、来年は末吉?

つづいて嵐山にある千光寺の絶景を眺め、嵯峨野の竹林を抜け、きぬかけの道をずずっと竜安寺へ。

そして、竜安寺といえば石庭とつくばいです。

Image08013.jpg

真ん中の口を漢字の口に見立て、吾レ唯足ルヲ知ルと書いてあります。
なんでも、禅宗の教えっぽい?

それから、雪がちらちらと舞う中、鷹峰の源光庵で迷いの窓&悟りの窓を見てきました。

Image08011.jpg

四角い窓が迷いで、丸い窓が悟りだそうです・・・がよくわかりません^^;

正伝寺では比叡山を借景としたお庭を眺め、
(遠くにうっすら見える山が比叡山です。)

Image08012.jpg

上賀茂神社で、おぜんざいと甘酒をいただきました。

祇園の巽橋を渡って花見小路をぶらぶらと。

そして、建仁寺で、風神雷神図を見たりした後帰宅です。

来年のお正月は家でゆっくりしようと誓った1日でした。

スポンサーサイト

その勝負、受けて立ちまひょ

少年舞妓・千代菊がゆく!シリーズの新刊です。
今回はずずっと昔の頃のお話です。
そうまでして時間止めたいのでしょうか・・・
あぅ

978-4-08-601113-6.jpg

祝!98歳

久しぶりにゲームのことなど。

殴りプリの沙子がようやく98歳になることが出来ました。

ss144.jpg

97~98は約4ヶ月、普段よりちょっと早いです^^
97歳は半分くらい騎士団ソロだったような気がしますけど、その割りにレアが出てないのはなぜでしょう・・・TT
とりあえず、騎士団装備でのステ公開です。

ss146.jpg

STRがようやく79になりました。
余ったステはVITへ振ってHPの確保です。
DEXが当初の予定より1少ないのは頭装備がシルクハットから忘れ物になったせい。
あと、INTは9にしてVITもう1あげれれば良かったな~と思ったり。
ここではピッキセイントでSTR100ですが、属性服の場合は、天下ブローチの替わりに天下リングとなります。(趣味の気孔ははずせないのですよ~)
あと、騎士団だとすぐに鎧破壊で服が壊れるので、いっそV服にしようかと思案中。
HPが増えたおかげで、深遠戦は多少安定感は上がって狩り易くなるかもしれません。

ちなみに、オーラはもう半分あきらめ気味なのです。
はい。


本の姫は謳う〔1〕

煌夜祭でCNOVELZ大賞受賞した、多崎礼さんの2作目にしてシリーズ物の第1巻。
世界観を、がちゃがちゃ作りこむのは相変わらず?
とりあえず、悪いことではないのでOKかも。
4冊で完結らしいので今年中には終りそうです。

501006.jpg

花闇を抱きしもの(下)

ルルル文庫で復活の封殺鬼です。
花闇完結編。
早臣なむなむしてしまいました。(分かっていたことですけど^^;)
桐子ちゃんはこのくらいの年齢の方がいいかもw

sotei0801_03.jpg

狼と香辛料

昨夜というか今朝?たまたま深夜に目が覚めたときにTVをつけたらやってました。
狼と香辛料」です。
以前から読んでみようかなと思っていて、きっかけが無かったのですけど、アニメの雰囲気が気に入ったので今度読んでみることにしました。
面白いといいのですけどw

少女には向かない職業

桜庭一樹さんの「少女には向かない職業」がようやく文庫になったので買ってきました。
この方のお話は好きなのですけど、いつも感じるのは、ずばり、ジェネレーションギャップです・・・
私も歳をとりましたです。
解説の中に”三十台以上の読者は桜庭一樹の作品に愛着を覚える”とかってあるのですけど、私の精神年齢はきっともっと歳よりじみているのでしょう。
うん。

03794.jpg

狼と香辛料Ⅰ

そんなわけ?で狼と香辛料の1巻を読みました。
けっこう良さげです。
これのおかげで今月は読む本が多くなりそうな予感~

book01.jpg

雨柳堂夢話

雨柳堂の新刊が出ました。
今回はガンジーのお話とかは無く短めの作品が多い感じです。
しかし、あとがきで連載終了ってなっていたのでどうしちゃったのかと思ったら、朝日ソノラマさん潰れちゃっていたのですね^^;
なむなむ・・・
ネムキは発売されてたので気づきませんでした。
できれば、きちんと完結して欲しいものです。
はい。

00008989_c_2131072.jpg

狼と香辛料Ⅱ

そんなこんなで、狼と香辛料第二巻です。
書き忘れた気もするので、ちなみに、作者は支倉凍砂さん、電撃文庫より出ています。
それほど派手なお話ではないのに人気があるのはやっぱりいいお話だから?
もしかしたら、ホロの人(狼?)徳なのかもしれません。

book02.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。