スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写楽・考 蓮丈那智のフィールドワークⅢ

シリーズ3作目です。
私のお気に入り度高し。
ミステリーとしても民俗学のお話としても面白く読めます。
あ、作者は北森鴻さん、新潮文庫です。

120723.jpg

スポンサーサイト

新名神高速道路

今日は滋賀へ行ってきました。
まだ、出来て間もない新名神高速道路を使いました。
私の家が第二東名~湾岸高速に近いせいもあり関西方面へのアクセスはかなり早くなった感じです。
道もきれいで、旧名神と比較すると格段に走りやすくなっています。
帰り道きれいな虹も見れて良かったかな。

遠い約束

作者は光原百合さん、創元推理文庫です。
先日、市内の大型書店へ行ったら置いてあったので買ってきました。
連作短編っぽいミステリです。
ほどほどの軽さがいい感じかも?

4-488-43201-8.jpg

夢のような幸福

三浦しをんさんのエッセイです。
相変わらずというかなんと言うかw
きっと、これが予定調和なのでしょう。
しをんさんは世の中の○○○な人に勇気を与えてくれる存在なのです。

116756.jpg

笑う警官

直木賞では落ちちゃった佐々木譲さんの道警シリーズの1作目です。
なんとか事件は無事に解決したものの、真犯人は消されちゃって、黒幕はいまだのうのうとしているので、その当たりは次回作以降にっていうことでしょうか。
ちょっと硬派なお話です。

9784758432863.jpg

鎮火報

作者は日明恩さん、講談社文庫です。
ノベルズのときから読もうかな~と思いつつ読んでいなかった作品が文庫化したので買ってきました。
なかなかのお話だと思います。
主人公の1人称なので軽い口調とかですけど、案外重いお話です。
読むと色々と考えさせられますね~
消防官ものって珍しいと思うので読んでみるのもお勧めかとw
でも、次回作も文庫になるのを待つのです。

275975-2.gif

貴族探偵エドワード

エドワード新刊の「濃藍の空に踊るもの」です。
今回は息抜き編?
怪盗さんが出てきます。
あと、怪しいお侍さんも出てきます。
たまにはこんなお話もいいかも?

200706000043.jpg

メグとセロン Ⅰ 三三〇五年夏休み(上)

アリソン、リリトレに続く新シリーズです。
今回は時代はリリトレとほぼ同時期のお話となっています。
なので続きというよりはおまけシリーズ?
そして、アリソン&リリトレってばアニメ化するのですね~
どういう感じになるのでしょう。
たぶん見ないですけどなんとなくw

3.jpg

てるてるあした

作者は加納朋子さん、幻冬舎文庫です。
「ささらさや」の続編?というか姉妹編になるのでしょうか。
温かいお話です。
広くいえばミステリーの範疇?
ささらみたいな連作短編ではなく1つの長編となっています。

201800b.jpg

のだめ20巻

のだめカンタービレの新刊を買ってきました。
もう20巻なのですね~
早いものです。

340691-2.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。