スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリア様がみてる

マリみての新刊「マーガレットにリボン」です。
マーガレットというか春菊?
今回も短編集でお話は進んでいません。
でも、先代薔薇さまのお話とかが読めてよかったかも。

978-4-08-601144-0.jpg

スポンサーサイト

少年舞妓・千代菊がゆく!

新刊「恋する三味線」の巻き~
今回は三味線の若お師匠さまです。
楡っちのライバルにはならなさそう?


978-4-08-601150-1.jpg

配達あかずきん

大崎梢さんの同名の小説の漫画家です。
作者は「暴本」の久世番子さん。
ほっこりしていていい感じです。
原作は好きなのですけど、私的に色々と痛い所もあったりそれなりにきついのですよ~
しかし、コミックス読むまで成風堂のことを威風堂だとばかり思っていた私って・・・

61891-8.jpg

図書館戦争

有川浩さんの小説の漫画版です。
弓きいろさんはDXとかで読んでいて好きだったのでいいですね~
ただ、未だに原作はハードカバーしかないので私は読んでいなかったり^^;
早く文庫化してください・・・

9784592180463.gif

番線

久世番子さんのエッセイコミックです。
本にまつわるあれこれを面白く描いた漫画かな。
お勧めです。

67051-0.jpg

本屋大賞

2008年の本屋大賞が決定しました。

大賞は伊坂幸太郎さんの「ゴールデンスランバー」です。
ぶっちゃけ、私はこの人のお話は性にあわないのでぱすなのです^^;

2位は近藤史恵さんの「サクリファイス」、3位は森見登美彦さんの「有頂天家族」となっています。
2位のサクリファイスは、ミステリーというよりは、自転車乗ってる立場として読んでみたいので早く文庫になってもらいたいかな。

個人的な感想なのですけど、今年の大賞は、ここ数年の営業面で妥協した結果とは微妙に違うかな~と好感触です。
売れてくれなきゃこの賞の意義はなくなっちゃうのですけど、それでも、打算よりは情熱で選んで欲しいと思ったり思わなかったり。

LaLaDX10周年

なんでも、LaLaDX10周年だそうです。
あれ?と思ったら定期刊行10周年となっていました。
なるほど・・・

で、巻頭カラーは再開のあきづき空太さんの「赤髪の白雪姫」です。
ゼンのお兄さんが登場で、なんだか波乱の予感?

ちなみに、私の定番なのは、筑波さくらさんの「よろしくマスター」、斉藤けんさんの「With!!」、萩尾彬さんの「シュガー☆ファミリー」、響ワタルさんの「花月姫」、林みかせさんの「君とひみつの花園」あたりです。

「君とひみつの花園」は終了が近い割にはなんだか地味になってる感じ?
最終回は巻中カラーページくらいは欲しいかもw

そういえば、目次では、フレッシュ読み切りになってましたけど、可歌まとさんの「ひみつの姫君 うわさの王子」は本格的に連載になったのでしょうか?
コミックスになるくらい続いて欲しいかな。
天乃忍さんも安定してるのでそろそろ連載きてもいい頃合いかも知れません。

新人さんは、今回はみなさんLvは高いと思うのですけど、心臓にビビッとくるのはなかったですね~
個人的な趣味が影響してるのであれですけど^^;

ladx0805_s.jpg

本の姫は謳う 2

作者は多崎礼さん、中公C☆NOVELSです。
聖域のお話と、現在のお話と交互になってるのが微妙に読みずらいです。
気持ちが入ってきたところで章が変わってくじかれます・・・
で、それの繰り返し。
この作品に限ってのことではなく、そういうタイプのお話は苦手かも^^;

501024.jpg

ゴーストハント10

コミックスまだ続いていたのですねのゴーストハントの10巻です。
いよいよ最終章の「悪霊だってヘイキ!」部分に突入しました。
このまま無事に完結することを祈ってます。

364130-2.gif

七姫物語 第五章「東和の模様」

忘れた頃にやってきた七姫物語の5巻です。
実は未だに続いていたのですね~
1年以上新刊が出ていなかったのでどうなったのかと思っていました。
今回は物語を終らせるためかちょっと詰め込み気味です。
どうせなら七姫にちなんで7冊で終ってほしいかも?

10.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。