スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランナー

あさのあつこさんのランナーを読みました。
いいお話ですけど、ちょっと大人の味?
表現がなにかとエロい気がします・・・(バッテリー基準でw)

202280b.jpg

スポンサーサイト

"文学少女"と恋する挿話集【エピソード】3

完結してもまだまだ続く、文学少女シリーズの外伝です。
今回は、いろいろ、バラバラにお話が入っていていいかもしれません。
一応、次で終りなのかな?

sho1005_bungaku_l.jpg

太陽のあくび

ちょっと前に創刊されたメディアワークス文庫の一発目に出ていた本です。
作者は有馬カオルさん。
ちょっと読んで、レモミカンはないなぁとか思ってたら、実はタイトルが・・・・
ん~、結局そのネーミングも微妙な気がします。
かといって、最近のトレンドの「甘くてちょっと酸っぱい夏蜜柑」とかにしてもたぶん売れなさそうですけどw
ここは、はるみに対抗して「なつみ」にするしか!
もしくは「夏海」で。
ん~、やっぱり売れなさそう。

978-4-04-868270-1.jpg

ダンミキ無加工初音ミク杯

ニココミュの無加工杯ですが、ようやく参加することが出来ました。
でも、出来は聞かないでw
ちょっとカメラいじりすぎかも?



死神と桜ドライブ

有馬カオルさんの2作目を読んでみました。
設定としてはありがちなネタですけど、いい感じに仕上がってるんじゃないかと思われます。
出だしの、主人公のお間抜けっぷりはご愛嬌かな。

978-4-04-868467-5.jpg

シアター!

今更ながらに読んでみました。
有川浩さんの「シアター!」です。
お兄ちゃんがいいですね!
可愛いです。
ちなみに、私は弟の方は要りませんのであしからず。

978-4-04-868221-3.jpg

鉄騎兵、跳んだ

いきなり、しぶく、私が◯歳の時に出た小説です。
けっこう青春?

9784167773823.jpg

プシュケの涙

作者は芝村仁さんメヂィアワークス文庫です。
以前電撃で出てたのが、こちらのレーベルに引越してきた作品です。
お約束の展開が、ページ半ばに到達する以前に終ってしまって、これからいったいどうなるのかと思ったら、視点と時間が変わってもう一度始まっただけでした。
あうち。
いい作品なんですけど、期待しすぎてはいけないという見本。

detail_201003_01.jpg

ハイドラの告白

プシュケの涙のシリーズ2作目です。
お兄ちゃんさいこう。
ねうちゃんはきっと将来美人さんになることでしょう。

detail_201002_06.jpg


舞面真面とお面の女

「映」アムリタの野崎まどさんの」2作目です。
雰囲気はちょっと森博嗣さんちっくかな?
でも、最後の落としは野崎まどさんらしいのかも。

detail_201004_04.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。